ウルグアイ前大統領ホセ・ムヒカ講演会で天の流れを悟る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!摂理の大学生Koyaです!

 

東京外国語大学でウルグアイの前大統領のホセ・ムヒカ大統領の講演会が7日にありました。

 

ムヒカ大統領と言えば世界で一番貧しい大統領として知られており、収入の大半を貧しい人や企業の役に立てたいということで寄付するほどとても国民思いの人格的なことでも有名です。

 

自分は就活で行けなかったのですが、教会のメンバーが行ってきたので話を聞いてみると、優しい雰囲気の方だったそうです。

 

ちょっと意外だったのは

 

「私はまだ神を信じるに至っていません」

とムヒカさんがおっしゃっていたそうです。

 

なんと、人生の大半を過ごしておきながら神様を信じられていないのは残念でした><

 

講演会で話されていたことがニュースでまとめられていたので読んでいましたが、今週の御言葉とぴったりのことを話されていました。

mujica-360x240

何か魔法のようなものが社会を変えてくれると考えないでください。あなたと同じ志を持つ人はたくさんいます。仲間を見つけて集まってください。そして、戦ってください。

 

考えているだけではなにも変化は起きません。

 

実際に行なってこそ、変化が起こります。

 

鄭明析先生の哲学「言葉よりも実践」が脳裏に浮かびました。

 

自分の生活を振り返ってみても願っているだけで行なえていないことって多いなーと改めて感じました。

 

今週の水曜日の御言葉では

 

行なってこそ攻撃して得る

 

という主題で御言葉を伝えてくださいました。

 

今週の方向性は”行ない”だったのだなとしみじみと感じる週末を過ごしました。

 

ムヒカ前大統領を通して、今週の天の流れを振り返ることができました。

 

果物も、命も、信仰も、歴史も、霊も<種>で始めますが、
<種>を蒔いてそのままにしておいたら、蒔いても蒔かなくても同じです。
<種>を蒔いたなら、育ててこそ偉大に変化します。
鄭明析牧師の明け方の御言葉より@
0000057986_26b58a41da329e0cbde0cbf956640a58n
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事一覧

PAGE TOP