さらば、共同生活。兄弟との生活に感謝と新たな決心

学生生活

ついに

ついに!

ついに!!

一人暮らしが始まりました。

物を運ぶ作業は1時間くらいで終わりました。

ネットやガスの手続きや家具や家電を揃えたりしていたら

結局、朝から晩までかかってしまいました。

足りないところはまだまだたくさんありますが。

これから少しずつ揃えていきます。

一人暮らしがついに始まるのかと思うと、一つの感情が湧き出てきました。

「寂しい」

摂理に来てから、こんなに寂しいと思ったのは初めてのこと。

自分の中では克服したと思っていた性格だったので、衝撃でした。

自分の中に潜んでいた直すべき性格がまさかこんなところで現れるとは。

今まで、兄弟とずーっと生活をしてきたから、一緒に暮らすことの価値をあまり感じられていませんでしたが、

いざ離れてみて感じる兄弟との楽しい生活。

家に帰れば兄弟に会って楽しく会話できていたのを思い返すと、本当に感謝です。

寂しいと思う性格を直すにはいつも神様と主と一緒に暮らしている感覚を掴まなければなりませんね。

一人暮らしは私にとって適切な選択だったのだと感じます。

人を優先にするのではなく、神様を優先にすること。

一人だからこそ、もっと神様と主に寄り添って生きてくことを誓った新居生活1日目でした。