やる気がないのは行動していないから。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!摂理の大学生koyaです!

しばらく、ある分野についてやる気が起こらないことが続いていました。

脳科学的にやる気になれないのはどういうメカニズムが起こっているのか調べてみました。

やる気が出る時に脳のどこが働いているのか先ずは調べてみました

側坐核(そくざかく)です。

クリックすると新しいウィンドウで開きます

側坐核は何か行動しているときに反応します。
つまり行動すればやる気になってくるということですね。

逆にとらえれば、やる気になっていない状態があれば、行動していない、実践弱いという状況なのかもしれません、

やる気を出すためにもまず一度、一歩目を踏み出してみるのが一番の近道なのかもしれません。

「とにかく、まず、やってみよう」

今後、やる気が出ないときの合言葉になりそうです(笑)。

先生の箴言で

考えを新しくし、体を動かしてほぐせば無気力さがなくなる。

とおっしゃったのを思い出しました。

さすが、神様は人間の構造を全てご存じですね!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事一覧

PAGE TOP