何であれやるからには負けちゃダメ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日書けなかったのは色々ありましてその原因の一つが

GWの4・5日と二日間一泊二日で香川に合宿に言って来ました。

合宿の内容を簡単に話すと広島から香川に行く道中で「うどん」を食べてくることそして夜は演劇やショートコントなどグループに分かれて出し物をしました。

二日目は初日に回った「うどん」を各グループがプレゼンなどしました。

 

そこで、今回宿泊させてもらった場所が香川県の「屋島青少年自然の家」でした。

なんで施設の話を持ち出したかというとなんとここ「屋島」は曰く付きの幽霊施設だったのです。

 

施設の先には「長崎の鼻」と言って自殺スポット的な場所があったりします。

細かいことは2chでも調べてください、たくさん出て来ます。

 

僕自身、摂理に来る前から幽霊とか心霊などは興味がある方で、摂理に来て霊の存在を知って「やっぱりいるんだ」と思い幽霊に対する恐怖心がなくなりました。

 

今回も施設に来てから曰く付きの場所だと分かって夜な夜なメンバーと一緒に話してたんですが、分からなかったり、確信できないコトって不安や恐怖に繋がってるんだなぁって改めて実感しました。

 

幽霊もいるかいないかが分からなかったから自分の中で虚像を作ってしまい、世間一般の映画や小説で幽霊にエフェクトを加え「怖いモノ」に作り上げてしまったんですね。

 

 

結局「知る」ってことが本当に大事です。「無知な人間は自分が無知なコトに気付きません」だから

僕たちから声を張って行きましょう

 

 

next→「WG最後に残ってるのは思い出と宿題」

 

P.S

香川から帰って来てメンバーが数名体調崩しっちゃってます。(幽霊に取り憑かれてかも、、、)

 

投稿者プロフィール

コウ
IT大学2年生
なんか神戸から広島に行けば摂理に出逢っちゃった笑

スラックライン、マジックなど大道芸もお手の物
普通だけど、映像、カメラと料理も好きです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事一覧

PAGE TOP